登別温泉 第一滝本館 

 

登別温泉の第一滝本館は、登別温泉で最初に開業した旅館で、元祖ともいえる一度は泊まりたい旅館ではないでしょうか。第一滝本館はたくさんの棟があり宿泊の際もどこに泊まるのか指定する必要があります。どういうメリットがあるのかまとめてみました。 第一滝本館の各館の特徴

西館 地獄谷に最も近く、大浴場にも近いので何度も入りたい人には特に良い。部屋食も可能
本館 バイキングの会場やお土産屋がありどこに行くにも比較的近い。部屋食も可能
南館 大浴場から一番離れている。モダンな洋室が中心。1人用のプランがある
東館 犬を連れて入れる部屋がある。1人用のプランがある

眺望については通路を隔てて向かい合わせに部屋があるので、景色が部屋によってかなり異なり、どこどこの棟は眺望が良いと一概には言えません。階が低いと隣の棟や崖しか見えないこともありえます。眺望ありなしはプランによって違うので、眺望がどうしても欲しいという人は眺望ありのプランにすると良いでしょう。私は眺望ありにしたものの実際は近くに生えている木しか見られず、あまり美しいとは言えない景色でした。美しい景色は期待しすぎない方がいいかもしれません。

第一滝本館 西館

経済的に余裕があるのであれば、地獄谷を見られる部屋を指定すると一生の思い出になるかもしれません。第一滝本館は客室に露天風呂がない部屋がほとんどですが、西館の一部の部屋は特別です。

西館には眺望が良くない部屋もありますが、大浴場までは一番近いので何度も入りたい人にとてもおすすめです。西館の1F のエレベーターから大浴場までは約1分30秒かかりました。

第一滝本館 本館


バイキングの会場があったり、地下にはラーメン、ゲームセンター、カラオケなど娯楽施設などもあるので、施設を使い倒したい人におすすめです。眺望は中庭側と原生林側にわかれています。比較的どちらも綺麗な眺望ではないかと思います。このホテルの見どころでもある「大金棒」も本館にあります。一定の時刻になると桃太郎や鬼たちが登場し、音楽を奏でたり動いたりします。
大浴場までの所要時間は3分弱。

本館と東館から見られる中庭は手入れされており眺望としては良さげです。

原生林側はこんな感じです。中庭が人が作ったものとして嫌う人は、こちらの自然を楽しむのも良いかもしれません。

第一滝本館 東館

中庭が見られる部屋と眺望なしの部屋があります。犬と泊まれる部屋や1人でも宿泊できる部屋があります。

第一滝本館 南館

通路を挟んで原生林側と温泉街側の部屋があります。原生林は部屋に少し近すぎて眺望は今ひとつ。別の棟に行くには毎回フロントの前を通ることになります。大浴場までは4分弱くらいです。

南館からの温泉街の眺望

第一滝本館館内図を叩き込む


第一滝本館で迷ってしまったという人が口コミではちらほら見たのですが、行く前に地図をしっかり頭に叩き込んでおくと良いと思います。重要なのは大浴場とバイキング会場です。適当に近くの棟に入ってしまうとどこに行けばいいのかわからなくなり時間のロスになってしまいます。

第一滝本館のバイキングは美味しい?

バイキングの種類はかなり豊富で、特徴は東南アジアシェフによるエスニック料理です。大体価格相応のバイキング(3500円程度)かなと行ったレベルです。私は蟹とステーキのコースにしましたが、タラバガニは味が薄くあまりおすすめではなかったです。ステーキはバイキングにしてはそこそこいい感じで焼けていたと思います。全体的には出来合いのものよりライブで作ってもらう天ぷらなどが美味しかったです。

朝食は朝からホタテや海老などが入っているものがあり、朝食にしては豪華な方ではないかと思います。ベトナム料理のフォーなどがなかなか美味しかったです。バイキングの料金としては2500円ぐらいかなといった感じです。

・ベトナム料理やライブでやっている料理はそこそこ美味しい
・カニのコースはあまりおすすめではない
・朝からガッツリ食べる人は朝食もおすすめ
・コンビニも近くに二軒あるので食事なしもあり
・コロナの影響もあって夜は大通りでもラーメン屋など二軒ぐらいしかやっていなかった
・グルメ目的の旅の選択肢としては少しもの足らない

 

第一滝本館 バイキング

デトックスに良さげなウォーター類

エビとカニは今ひとつといった感じ

フキなどの山菜や郷土料理などもあります。

朝の焼き魚。定番のシシャモなども朝から食べられます。

朝食ででくるエスニック料理。ホタテや海老などが朝から豪華です。ミャンマー料理よりベトナム料理の方が美味しかったです。

第一滝本館の泉質は良い?

第一滝本館の泉質はとても良く、まさに国内屈指のレベルと言えるでしょう。ただし美肌系の温泉というより皮膚病を治す感じのお風呂が多く、硫黄系の温泉は髪がガサガサになってしまうので女性は注意が必要です。

また第一滝本館の温泉はまさに温泉のデパートのようにさまざまな泉質を楽しめるのが特徴です。硫黄の香りや炭酸泉のシュワシュワ、打たせ湯、露天風呂でお酒などさまざまなスタイルで温泉を楽しめます。大浴場の施設自体は少し古めですが、地獄谷をみながら入浴できるのはここだけ。唯一無二の温泉を味わい尽くしましょう。

地獄谷は写真のように夜もライトアップされているのですが、大浴場からは今ひとつよく見えませんでした。

第一滝本館にはプールもある

第一滝本館にはプールがあるので子連れで行くのもおすすめ

第一滝本館まとめ

第一滝本館の料金は相場より少し高め。温泉は国内屈指ですが、眺望が細かく選べず、宿泊施設や食事が並程度なので、温泉に入るのが1〜2回程度の人は日帰り温泉を検討するのも良いと思います。3回以上入る気がある人やプールを満喫したい人、地獄谷の景色を客室から眺めたいという人は宿泊がおすすめです。