竹富島と小浜島はどっちがおすすめ?西表島は?宿泊はした方が良い?黒島や波照間島などの離島を紹介

石垣からどこか離島に行きたいけど決められない人もたくさんいると思います。竹富島・小浜島・西表島など石垣近辺の離島は非常に個性的で、全て回るのもおすすめです。日帰りでも行けますが、宿泊するメリットなども合わせて紹介していこうと思います。近くにある黒島や波照間島についても解説しますので興味があればぜひ行ってみてください。

 

竹富島・小浜島・西表島の特徴

竹富島 沖縄の原風景が残る貴重な島。美しい街並みを住人が憲章を作るなどして大切に守ってきた。石垣から一番近く、船便も多くて一番便利なので迷ったらここにすると良い。

小浜島 サトウキビ畑に囲まれたシュガーロードが心地よい。東側の高級ホテルにあるビーチは特におすすめ。船便も竹富島の次に多いのでスケジュールが組みやすい。2番目におすすめ。

西表島 豊かな大自然。ジャングルに囲まれている。水牛車に乗って渡る由布島もおすすめ。

黒島 牛が放牧されており癒される。ビーチも美しい

波照間島 この中では石垣から一番離れており、観光化されていない離島感に溢れている

竹富島・小浜島・西表島がおすすめの人

竹富島 琉球文化を味わいたい人。水牛車に乗ってみたい人

小浜島 サトウキビの中のサイクリングをしてみたい人。高級ホテルでプライベートビーチを満喫したい人

西表島 冒険心がありアウトドアやジャングルが好きな人。動植物や虫などが好きな人

黒島 サイクリングが好きな人。牛など動物が好きな人。南国の北海道を味わってみたい人

波照間島 秘境が好きな人。典型的な観光地があまり好きではない人。有人最南端の地に行ってみたい人

観光で一般ウケが良さそうなのは竹富島と思います。小浜島や黒島は海や風景を楽しみに行くのがメインなので時間があればぜひといった感じ。西表島はアクティビティーが豊富ですが、好きな人と嫌いな人で分かれると思います。同行者が好きかどうかもチェックしながら決めてみると良いと思います。勝手なランキングを作ったので参考にしてみてください。

一般受けしそうな順番

竹富島>小浜島>黒島>西表島>波照間島

動植物やアウトドア、秘境好きな人に受けそうな順番

西表島>波照間島>竹富島>黒島>小浜島

女子に受けそうな順番

小浜島>竹富島>黒島>波照間島>西表島

サイクリングが楽しい島

小浜島>黒島>波照間島>竹富島>西表島

 

竹富島・小浜島・西表島に泊まるメリットは?

 

日帰りでも主要な観光地は回れるのですが、宿泊をすると朝や夜、観光客がいなくなった後の雰囲気を独占できるのがメリットです。静まり返ったビーチなどで見る朝陽や夕陽はとても神秘的。星空も都会では見られないほど美しいので、宿泊の楽しみにすると良いでしょう。ただし街灯がない場所も多いので、怪我などには注意しておきましょう。また海水浴をしたい人はそれぞれの島で宿を取っておくと非常に快適です。

竹富島 年間50万人が訪れる人気の島なので、朝や夜に静かな集落やビーチを独占できるのは大きなメリット。特に夏のビーチは混雑します。泳げる唯一のビーチ「コンドイビーチ」にはコインロッカーがないので、宿泊しておくと貴重品を宿において行けるので取られる不安がなくなるのもメリットです。夜に蛍が見られることもあります。

小浜島 東側のビーチはホテルに泊まらないと行くことが出来ない。日本とは思えないゴージャスビーチを楽しめる。

西表島 アクティビティによっては朝一からスタートするので、宿泊前提のものもある。西表島は石垣近辺の島の中では一番大きく、見どころを一日で回ったり複数のアクティビティをこなすのは難しいので宿泊するメリットは大きい。

黒島 ビーチに更衣室・シャワー・コインロッカーなどがないので宿泊すると、宿から水着で行けるのはメリット。

竹富島の観光スポット

港に着いたら一旦バスに乗り込み、街の中心に行く必要があります。1時間に2本ほどあります。その後で水牛車に乗ったり自転車を借りたりして集落やビーチを回る形になります。

 

 

水牛車

 竹富で一番人気のあるアクティビティがこの水牛車です。三線を弾きながら民謡を歌ってくれたり、集落の人にしか知らない歴史や話などを語ってくれます。水牛車はゆっくりと進むのでゆっくりとしたペースで島を楽しむことができるのも良い点でしょう。

個人で行くと一日で行ける範囲が狭まってしまいますが、Veltraなどのツアーで一気に回ると他の島の観光もできるのでとても楽です。

 

コンドイビーチ

竹富島で唯一泳げるビーチです。遠浅の海が続いているので、安心して遊べます。ただ水深が浅い為魚などがあまりおらず、シュノーケリングには不適切。コインロッカーなどがないので、貴重品管理に気をつける必要があります。

星の砂浜、カイジ浜

有孔虫の殻が星のような形をしており、時々砂の中に星の形の砂を見つけることがてきます。手を砂に押し付けてみて、星形のものがないかみてみましょう。最近はかなり数が減っていて、簡単には見つからないそうで、波打ち際や岩の窪みなどに溜まっていることが多いとか。砂は持ち帰りできないのは注意しておきましょう。また遊泳も禁止です。

アイヤル浜

東の方にあり、集落から少し離れいるため観光客が少ないので独占感のあるビーチ。悪路のため自転車の場合はパンクなどに注意しましょう。泳ぐことはできないものの、宿泊している人には朝日を見るのにとても良いスポットです。行く途中には蝶々が多く生息している「蝶々の道」があります。

竹富島でおすすめのホテルは?

竹富の美しい風景を堪能したくなった人は宿泊を選びたいところです。

ホテルピースアイランド竹富島

写真 楽天トラベルより

 

写真 楽天トラベルより

外見は伝統的な竹富島の建物ですが、中は天井の高い快適な部屋になっています。竹富島を心から味わいたい人はぜひ宿泊して琉球文化を楽しみましょう。夕陽が見られる西桟橋やコンドイビーチまで徒歩で歩いて行ける距離でとても便利です。スタッフのホスピタリティーもとても良く、竹富島に泊まりたい人はこちらを真っ先に考慮してみると良いでしょう。洗濯乾燥機もあるので長旅の人にもおすすめです。港から送迎もあります。2021年、2022年楽天ブロンズアワード受賞。楽天お墨付きのホテルです。

星のや竹富島

写真*楽天トラベルより

写真*楽天トラベルより バスが印象的な「ガジョーニ」

写真*楽天トラベルより 琉球畳の部屋「キャンギ」

星野リゾートの中でも最高級ブランド「星のや」なので、値段はかなり高めですが、竹富島の人をして竹富らしい風景と言わしめたほどの本物感のあるホテルです。ホテルというよりも伝統的な建物のある集落を如実に再現したという感じなので、本物の琉球体験を求めている人には特におすすめしたいホテルです。ソフトドリンクのサービスやカクテルタイム、島唄のライブなど高いホスピタリティーでもてなしてくれます。琉球料理とフレンチを融合させた琉球ヌーヴェルも楽しみの一つ。開放的なバスが印象的な「ガジョーニ」と琉球畳でリラックスできる「キャンギ」があります。

小浜島の観光スポット

小浜島は竹富島や西表のように個性のあるツアーやアクティビティがないので、海風を受けながら自転車でゆっくり島の自然を眺めるといったことが主流です。坂があるので電動がおすすめ。範囲を狭くすれば徒歩でもある程度回れるかもしれません。逆に車だとあっという間に終わるかもしれません。

シュガーロード

ちゅらさんで通学路として使われた有名な道。小浜島に来たら一度は行きたいところではないでしょうか。昔は両脇がサトウキビ畑だったのですが、今は牧草地になってしまい、サトウキビがあまり残っていません。代わりに放牧されている牛を見ることが出来ます。

西大岳展望台

美しい海と小浜島を見渡すことができる展望台。西表島や石垣なども見えます。ここには「ちゅらさんの碑」があります。もう一つ近くに大岳展望台がありますが、西大岳展望台の方が勾配が緩やかで上りやすいので、一つしか選べない場合はこちらにすると良いでしょう。

海人公園

小間島の西部にある大きなマンタのオブジェがある公園です。観光客も少ないのでゆっくりくつろげるのが特徴で、エメラルドグリーンの海や西表島も近くに見えます。芝生が広がっているのでレジャーシートなどを敷いてピクニック気分を楽しむこともできそうです。

小浜島のおすすめホテル

小浜島はゴージャスなホテルがあり、ここに泊まらないと小浜島のもう一つの顔を知ることが出来ません。「はいむるぶし」は学生さんなどお金を持っていない人でも、お金を貯めて社会見学と思って一度は泊まってほしいホテルです。高級ホテルに対する考え方が変わるかもしれません。

はいむるぶし

写真*楽天トラベルより

写真*楽天トラベルより

写真*楽天トラベルより

八重山の言葉で南十字星という意味です。敷地がとてつもなく広く、カートを借りて敷地にひろがる美しい景色やビーチを堪能するのがおすすめです。プライベートビーチは宿泊者オンリーなのと、チェアーやパラソルが整備されているので、とてつもなく豪華な時間が過ごせます。チェックアウト後もシャワーや更衣室が使えるので、まるまる二日間遊ぶことも可能。少し古い建物ではありますが、内装はゴージャスにリフォームされています。水牛がいたり、昆虫館があるなど家族連れで楽しむのも良いでしょう。楽天トラベルでは毎年、ゴールドやブロンズのアワードを取っている優秀なホテルです。

 

 

星野リゾート リゾナーレ小浜島

写真*楽天トラベルより

写真*楽天トラベルより

はいむるぶしよりさらに高めのホテルですが、客室が少ない分ブライベート度が高く、星野リゾートならではの高いホスピタリティーが魅力的です。ヴィラなど少し豪華な旅がしたい人はこちらが良いでしょう。春はビーチに南国の花をあしらったサンドアートが登場したり、夏は海にビアガーデンが登場したり、冬はサンゴのクリスマスツリーを飾ったりと季節ごとにたくさんのイベントが楽しめるのがこのホテルのうりです。ハネムーンや記念旅行などにも良さげです。

西表島のおすすめアクティビティ

西表の観光地はツアーに参加すると、短い日程で多くのアクティビティに参加できるのでとてもおすすめです。仲間川のクルーズ+由布島は西表観光の鉄板ともいえるおすすめのアクティビティ。アウトドアが好きな人はカヌーやSUP,トレッキングにも参加すると良いでしょう。ツアーが好きではない人は、レンタカーを借りるのがおすすめです。繁忙期は予約がいっぱいで借りられないことがあるので、早めに予約をしてみましょう。バスは一日数本しかなく、観光できるところが1箇所ぐらいで終わってしまいがち。自転車で回るのには広すぎるので部分的に使うと良いでしょう。

仲間川マングローブクルーズ

ツアーに参加すると石垣からの船の到着に合わせてスタンバイしてもらえるので、時間の節約ができとても便利です。マングローブは石垣でもみられるのですが、この仲間川はアマゾン川を思わせるような広さがあり冒険心を掻き立てます。

Veltraのツアーなどを使うと、この仲間川のマングローブだけでなく、他の島も一日で回ることができます。

 

サキシマスオウノキ

サキシマスオウノキは西表や石垣などにのみ、見られる珍しい木で、仲間川のクルーズやトレッキング時に見ることができます。(仲間川は満潮の時にのみ見られるとのこと)板状の根っこが特徴的で、板根と呼ばれています。

由布島

西表島から由布島までは水牛車に乗って行くことができます。水牛車に乗って島に行くというシチュエーションは誰でも一度は体験してみたいのではないでしょうか。由布島の中は亜熱帯植物のテーマパークのようになっていて、「マングローブ遊歩道」、「果樹園」、「ブーゲンビレアガーデン」などがあります。

ピナイサーラの滝・バラス島・シュノーケリング

Veltraのツアーは結構盛り沢山なので、西表での時間があまり取れない人にはおすすめしたいです。普通は1日で一つか二つぐらいのアクティビティが多いのですが、このツアーは三つもあります。体力が少し必要ですが1日で山、川、海を見尽くします。ただし冬季はやっていないのに注意ましょう。

写真 Veltraより

ピナイサーラの滝はトレッキングの一つの見どころです。

写真 Veltraより

シュノーケリングでもこのレベルのサンゴや熱帯魚が見られます。もうダイビングのライセンスを取らなくてもいいと感じられますよね。

写真 Veltraより

バラス島は満潮時には消えてしまう小さな島です。島というか砂浜といった感じですが、西表に来たら一度は行きたいですよね。

マングローブカヌー+ピナイサーラの滝トレッキング+バラス島周辺シュノーリングツアー 西表島の山川海を遊び尽くす1日!<3~11月/西部地区無料送迎/西表島>

 

西表島のおすすめホテル

たくさんのアクティビティに参加することができたり、夜に蛍を見つけたり、海亀の足跡を見つけたりと、西表島に泊まると日帰りではできない体験がたくさんできるかもしれません。おすすめのホテルを紹介します。

星野リゾート 西表島ホテル<西表島>

西表には高級ホテルがここしかないので、ゴージャスに過ごしたいと思っている人はこのホテル一択になるでしょう。少し建物は古めですが、バリ風の雰囲気があり広めに部屋がとられているので、十分にリラックスできるはずです。春にはピーチの香りがする珍しい「ピーチパイナップル」が振る舞われるビーチパイナップル祭りが開催されたり、「イリオモテヤマネコの学校」など、西表でしかみられないものを学ぶこともできます。ホテルでは多くのアクティビティが開催されており、無料で参加できるものもあリます。

写真* 楽天トラベルより

写真* 楽天トラベルより

ヴィラうなりざき

西表を代表するダイビングショップである「イルマーレうなりざき」と提携しているホテルです。夏には西表でも有数のダイビングポイント「オガン」でイソマグロが見られます。上級者の人はぜひトライしてみましょう。ダイビング好きな人におすすめですが、西表の西の方で海を眺めながらのんびりしたい人にもおすすめできます。ハンモックやジャクジーなどもあります。上原港からの送迎や観光地への送迎なども行ってもらえます。

 

黒島の特徴

黒島は大きな見どころは特にないのですが、牛が放牧されていてのんびりとした雰囲気のある島です。自由な牛たちの雰囲気のせいか、南国の北海道のような不思議な島でもあります。黒島はハートの形をしていて別名「ハートアイランド」。坂もないので自転車で回るのにぴったりです。灯台や桟橋、ビーチなどを巡ります。

伊古桟橋

現在は使われていませんが、かつては石垣とを結ぶ桟橋として使われていました。2005年に国の登録有形文化財に登録されています。全長345mの桟橋は海に溶け込んでいきそうな雰囲気があります。干潮時は今ひとつ、満潮時だと写真映えします。ネット上の口コミではお酒などを持ち込んでゆっくりしたという人や星空を堪能したという人もいました。黒島港から自転車で15分程度。

黒島展望台

高さ10mの小さな展望台ですが、黒島にはあまり高くから見下ろせる場所がないので、時間があれば立ち寄ってみると良いでしょう。ちなみに黒島展望台がある道は「日本の道100選」にも選ばれています。琉球らしい石垣、周囲の島なども堪能しながら歩いてみましょう。

黒島灯台

港から自転車で25分ほど行った場所にある灯台。中に入ることはできませんが、のんびりと海を見るのに最適な場所です。

波照間島

宿などで電動自転車を借りると一日で島を回ることが出来ます。少し海水が混ざっているため塩味が感じられる波照間の焼酎「泡波」は希少価値があるため人気のお土産の一つです。ホテルは民宿のようなものが主流で、大手の予約サイトでは扱っていないので、それぞれのホームベージをみて電話やメールでコンタクトを取るのが一般的です。前日などに連絡してもほとんど埋まっているので、余裕を持って予約するのがおすすめです。

高那崎

波照間の集落やターミナルからは自転車で20分ほどで着く、地の果てといった雰囲気を持つ崖です。

日本最南端の碑

一般人が訪れることのできる場所としては日本最南端の場所。なお無人島での最南端は沖ノ鳥島があります。話のネタとして写真を撮っておくのも良いと思います。

ニシ浜

波照間島のターミナルに程近く、トイレなどの設備もあるだけでなく、シュノーケルの道具やシャワーも近くの民宿で借りることができるのでとても便利です。日本で一番美しいビーチだという人も少なくなく、美しいビーチなどのランキングなどでも常に上位をとっています。魚はたくさんではないものの、少し見ることができます。海亀を見た人もいるようです。離岸流に流されることがあるので、潮の流れに気をつけ岸から離れないようにしましょう。

あがん

僻地にありながらも、リーズナブルで美味しい食事を出す居酒屋。波照間で食事をしたいならおすすめのお店で、波照間のツアーでもよく使われています。棚には泡波のキープボトルがびっしりと並んでいます。

沖縄のお好み焼き「ヒラヤーチ」

アオサの天ぷら

アサリの泡盛蒸し