ウポポイ正面

1200円という低価格で一日中、アイヌの文化を楽しむことができるウポポイは、少数民族や音楽、ダンス、語学などに興味を持っている人には特におすすめの施設です。国が予算を投入しているので、見栄えのある出来になっています。アイヌに興味がなくても、珍しい文化に興味のある人は楽しむことができるはずです。人によっては1日で回りきれないほどたくさんのイベントがあるので、何がやりたいのか決めてから行くと充実した1日を過ごすことができます。新千歳空港から1時間ほどで到着、登別温泉からは直行のバスで行くと便利です。

 

民族共生象徴空間 ウポポイとは?

ウポポイ正面

令和2年7月にオープンしたばかりの新しい施設です。存続が危ぶまれるアイヌ文化の発展のため、そして多くの人がアイヌの文化や歴史について詳しく知らないという課題を解決し、差別のない社会を作るための要として作られました。ウポポイでは古式舞踊を鑑賞できるほか、映画の上映、アイヌ語のレッスンや丸木舟、弓矢の体験などさまざまな形でアイヌ文化に触れることができます。

 

ウポポイはなぜ作られた?

きっかけになったのは、平成21年の「先住民族の権利に関する国連宣言」の採択。国会でもアイヌを日本の先住民であると認め、「民族共生の象徴となる空間」を白老に作ることが決まりました。

 

なぜ北海道の白老(しらおい)が選ばれた?

白老にはもともとアイヌの祭具などを集めた文化資料館があり、また周囲にアイヌ文化の伝承者が多く住んでいました。その他の国の少数民族と交流を続けるなどの活動が認められ、白羽の矢が立ったようです。

 

ウポポイの意味とは?

(大勢で)歌い合うという意味です。この愛称は一般投票で決められ、他にウタルニ(仲間がいつもいるところ)、ウヌカリ(人が出会うところ)が候補として上がっていました。

 

ウポポイの入場には予約が必要?

2022年現在は予約が必須となっています。ネットで完結し、クレジットカードもしくはコンビニなどで支払いをします。住所などを入力しなければならないので、結構手間がかかってしまうのですが、博物館の入場にも別途時間指定をしなくてはならないので、合わせて予約しておくのをおすすめします。ネットの口コミによると予約しないで当日入れた人もいるようです。

 

ウポポイの入場料金はいくら?

入場券は1200円。駐車場は500円です。ウポポイでの体験を一通りやろうと思うと1日では足らないので、スケジュールを見てやりたいことがたくさんある人や道内に住んでいる人などは2000円の年間パスポートを買うのも良いと思います。

 

ウポポイの評判・口コミは?

ネットでの評判はおおむね良いようです。不満を言っている人は全てを回る時間が足りないことへの苦情のようなので、スケジュールについては先に把握して、早めの到着、体験についてはすぐに予約を入れに行くと良いでしょう。また国の施設なので、ややエンターテイメント性に欠けているという人もいますが、入場料の低さや国の施設であることを考えると十分であると思います。

 

・アイヌ文化へのイメージが変わった

・聞いたことや見たことのない音や踊りに圧倒された

・必要なものだけをいただくというアイヌの精神は現代へのメッセージになる

・スタッフの教育がしっかりしている

・以前の資料館との規模が圧倒的に違いびっくりした

・もう少しエンターテイメント性が欲しかった

・食事の際に一度退場する必要があるが、再入場可能なので便利

・敷地が広いのでしっかり計画していかないと楽しめない

・レストランの料金が高め

・小学校低学年だと理解ができなさそう

 

ウポポイの見どころ紹介

 

体験交流ホール シノッ

見応えのある古典舞踊やシアター上映を楽しめます。ホール内に大きな窓があり太陽光を入れられるのもポイントで、舞台によっては湖をバックに舞踊を楽しむこともできます。古典舞踊は1日に何度か行われ少しずつ内容を変えています。面白いと思った人は何度でもみてみると良いでしょう。人数制限があるので、事前にチケットをもらう必要があります。なくてしまうと参加できなくなるので注意が必要です。

 

博物館

ネットで時間指定の予約が必要。所々で見ることができる映像ではアイヌの人々の迫害されてきた歴史にも触れています。映像を全て見ると1時間半以上かかってしまうので時間配分には注意しましょう。

 

カムイアイズ

ウポポイ

ドーム型のシアターで、キツネやタカになった気分で北海道の迫力ある自然を体験できます。3Dのメガネなどを装着するより圧迫感がないので、自然な感じで横方向の景色を楽しむことができます。20分ごとに上映されているので、イベントとイベントの間など時間調整に使うととても便利です。

ウポポイでの食事・レストランのおすすめは?

ウポポイのレストランエリアは無料で入ることができるので、アイヌの食べ物だけ試してみたいという人や近くまできたのでランチだけ楽しみたい人にも気軽によることができます。なお有料エリアに入場してしまった人は、一度退出しなくてはなりません。再入場できるように受付の人にしてもらう必要があります。

 

ウポポイ近くの星野リゾート・界ポロトはおすすめ?

界ポロトはウポポイに隣接しているので、ウポポイの一部と勘違いする人も多いようです。

少しお値段が高いのと人気なので予約が取りにくいという欠点はありますが、個人的にはとてもおすすめです。白樺をうまく取り入れたインテリアが特徴的で、食事もレベルが高く、星野リゾートの中でもおもてなしの精神があります。特に宿泊者限定の三角の湯はおすすめで、アイヌへの敬意を持ちながらもモダンなデザインを取り入れた美しい施設です。ここで入れるモール温泉は植物性の世界でも珍しい温泉。肌がツルツルになり、一度は体験してもらいたい温泉です。インフィニティエッジになっていて湖との一体感が非常に高いです。

 

丸の湯は一般客も利用可能ですが、湖を見ることができないことや施設があまり広くないので三角の湯ほどの満足感はありません。ただモール湯は一度体験する価値はあると思います。

北海道の星野リゾート 界ポロト 三角の湯

北海道の星野リゾート ポロト湖

界ポロト ロビー