ハイアットリージェンシー ダナン ヴィラ

日本から直行便もあってアクセスが便利になったダナン。お手軽な値段で高級感のあるハイアットリージェンシーに泊まろうか悩んでいないでしょうか。この記事ではハイアットに泊まるかどうか、部屋はどれにしようか迷っている人が即決できるように特徴をまとめています。楽天トラベルではブロンズアワードを数回受賞しているというお墨付きのホテルでもあります。楽天など日本でお馴染みの予約サイトからも予約可能なのはとても便利。ぜひこの記事を参考にしてダナンの旅を楽しんでください。

 

 

ダナンのハイアットリージェンシーの特徴

ハイアットリージェンシー ダナン

ダナン ハイアットリージェンシー 海岸

 

  • 高級ホテルの施設なのに割とお手軽価格なので、気軽に泊まることができる
  • 美しいプライベートビーチでゆっくりできる
  • ウェータースライダーなど子供が喜ぶ施設・サービスがあり家族連れには魅力的
  • レジデンスは調理器具が揃っているので、外食を控えたい人や長期滞在者にも向く
  • 中国人や韓国人がメインのターゲット。日本人は何組かで西洋人は少ない(日本語スタッフはいないのに注意)
  • プールが複数あり広い(合計で5つある)
  • キッズルームなどもあり子供に優しい設計

ダナンのハイアットリージェンシーがおすすめの人

  • ウォータースライダーなどで家族で盛り上がりたい人
  • ビーチやプールに頻繁に行きたい人
  • リーズナブルに高級ホテルの雰囲気を楽しみたい人

 

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

 

高すぎると思った人は格安ホテルに泊まるHISのツアーは5万円台からあります。LCCのベトジェット以外にもベトナム航空なども格安で売り出しているので、安く行ってみたい人は探してみると良いでしょう。

HISでダナンのツアーを探す

ダナンのハイアットリージェンシーの良い口コミ

 

ハイアットリージェンシー ダナン

  • クラブラウンジを使えるプランがおすすめ
  • 接客が素晴らしかった
  • プールと海が宿泊者専用なので、混んでいる時期も快適
  • 朝早く着く便でも先にプールを使えるので便利
  • シャンプーはPHARMACOPIAのメーカーのもので非常に香りが良かった
  • 早い時間に夕食を取ったら窓側の席を使えてすごく雰囲気が良かった
  • レジデンスはキッチン用品が整っていて便利。広くて非常に快適
  • 浮き輪を膨らませてくれるサービスがあるなど家族連れに良い

ダナンのハイアットリージェンシーの悪い口コミ

  • 街から少し離れているので、グラブやタクシーを駆使する必要がある
  • 街を行ったり来たりしているうちにタクシー代がかかってしまったのがいまいち
  • ホテルのそばに飲食店がないので、街まで出る必要がある
  • ホテル内のベーカリーは高く、いまひとつの味だった
  • プールは急に深くなっているので子供連れは気をつけるべき
  • チップ次第で態度が変わるのには少し呆れてしまった(チップ欲しそうな人はいましたが、個人的にはそれほど気になりませんでした)
  • シャワーの圧力がいまひとつ(私は気になりませんでした)

全体的には場所が少し不便なところにあるものの、サービスや海の眺めが素晴らしいという感想が非常に多かったです。季節によっては波が高く泳ぐことができないこと、またプールの温度も低いことがあり入るのを躊躇してしまうことがあるようです。

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

ダナンのハイアットリージェンシーとインターコンチネンタルとどっちがおすすめ?【ブログならではの体験記】

パークハイアットかハイアットリージェンシーかどちらにしようかと悩んでいる人もいると思いますので簡単な比較をしてみました。ダナンのインターコンチネンタルは最低価格が700ドル前後なので、かなり高級な部類になります。

インターコンチネンタルの方が良かったところ

  • インターコンチネンタルの中でもかなり高級で、料理やスイーツのレベルがどこも高い
  • 緑も豊かで山と海どちらも楽しめる
  • 家族連れが少ないので大人の雰囲気がある
  • ベトナムの寺院やギリシャの神殿などを融合させたような独特のデザインが非常に秀逸
  • 部屋はヨーロッパの聖堂のような天井で、高級スパに泊まっているような印象
  • 接客は丁寧で格式がある感じ
  • オリジナリティーが非常に高く忘れられない思い出になる

ダナンのインターコンチは世界的な賞を数々とったベトナムを代表するようなホテルでもあるので、興味のある方はぜひ下記の記事を読んでみてください。ハイアットにもインターコンチにも泊まるのもどちらの良さもわかるのでいいのではないかと思います。

ハイアットリージェンシーの方が良いところ

ハイアットリージェンシー ダナン 砂浜

  • インターコンチは山に囲まれているので秘境感があるが、こちらはパウダーサンドのビーチが長く続いて開放感が強くいかにもリゾートといった感じ
  • インターコンチよりダナンの街やホイアンに近いので観光も楽しめる
  • ダナンを代表する五行山まで徒歩20分ほどとかなり近い。夏でなければ散歩がてら行くのも良さそう
  • 上質ながらフレンドリーといった感じが接客時によくみられる
  • レジデンスやヴィラなど料金が高い客層にも対応しているので、安い部屋であっても共用部分はなかなか施設の質が高い

 

仲の良い友達が接してくれるようなサービスが非常に多かったです。ホイアンまでのバスにギリギリだった時は連絡して待ってもらったり、チェックアウト後もテイクアウトの飲み物を勧めてくれたりと普通のサービスプラスアルファがとても組織としてよくできていると感心しました。またクラブ内ではスタッフとお客と談話している姿が見られたりと和やかな感じがとても良かったです。インターコンチと比べると圧倒的にコストパフォーマンスが良いと思います。ただ、この施設ごとインドネシアやマレーシアに持っていてっても違和感がなく、ベトナムらしさといった面からはインターコンチネンタルには負けていると言わざるをえません。多少高くても記憶に残る旅をしたいのであれば、インターコンチがおすすめです。

ダナンのハイアットリージェンシーのアクセスはいい?

街まではグラブやタクシーで10分-15分ほどで4ドルほど。空港からも20分ほどで8ドル程度と好アクセス。

ホイアン向けのシャトルバス

ホテルからホイアンまではグラブで1500円程度ですが、シャトルバスをうまく使うと簡単に行き来できます。ただし無料ではなく一人当たり80kドン(450円ぐらい)かかります。時刻表をチェックしておくと良いでしょう。一日2本で以前より減便しているようなので現地に行って確認しましょう。1時間で観光するのはかなり難しく、行きと帰りで時間がかなり空いているので、帰りはタクシーにするなどすると良いと思います。

ホテル発ホイアン行き 10:00 AM /4:00PM

ホイアン発ホテル行き 11:00AM/5:00PM

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

ダナンからはホイアンが近いですが、同じ世界遺産に登録されているフエもおすすめです。宮廷文化をたっぷり楽しめますよ。フエへの行き方やおすすめホテル、ホイアンの魅力や観光地、泊まるべきかどうかについても下記の記事で詳しく解説しているのでぜひ見てみてください。

 

ダナンのハイアットリージェンシーのプールは?【ブログならではの体験記】

ここのホテルの売りの一つで合計で5つあります。海に近い二つのプールは子供むけで、クラブアクセスとジムのプールは大人向けといった感じです。もう一つはヴィラの近くにあるのですが、見ていないのでどのようなものかわかりません。夜は監視員がいないので、確か18時ぐらいで入れなくなったと思います。朝は早くから入れたはずです。

レジデンス前のプール(海側)

レジデンス前

子供むけの遊具らしきのが浮いておりかなり浅いです。

中央のプール

ハイアットリージェンシー ダナン プール

ダナン ハイアットリージェンシー ウォータースライダー

中央のプールはかなり広く、水深はかなり浅いです。小さめながらウォータースライダーがあります。

クラブのプール

ダナン ハイアットリージェンシー プール

ダナン ハイアットリージェンシー プール デイベッド

クラブアクセスがついている人なら利用できるプールで、デイベッドみたいなのがなかなか大きくて優雅です。

フィットネスのプール

ダナン ハイアットリージェンシー プール

フィットネスのプールはほとんど人がいなかったので独占できそうです。

ジム

ダナン インターコンチネンタル ジム

ジムはホテルらしい快適なジムで、タオル・水なども完備しており、ダイエットしたい人にも良さげです。

ボルダリング

ボルダリング ハイアットリージェンシー ダナン

子供用なのかボルダリングのようなものもありました。

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

プライオリティーパスをゲットせよ

海外旅行によく人はクレジットカードを持っていると思いますが、最低2枚は持っていくととても安心できます。理由はたまにクレジットカードがうまく反応せず支払えない時でも、カードを2枚目に変えるとあっさり支払いができることがあるからです。また海外ではスリや置き引きが多いため紛失・盗難の可能性が常にあります。

2枚目におすすめなのが楽天プレミアムカードEPOS CARDです。というのも楽天プレミアムカードは入会後すぐに、EPOS CARDは最上級であるプラチナカードになるとプライオリティーパスを無料でもらうことができるからです。プライオリティーパスがあれば世界に1300箇所以上ある空港ラウンジに無料で入ることができます。ベトナムなどアジア圏によく行く人は、ラウンジが豪華でお腹に溜まる料理やスイーツ、お酒もたくさん出てくるので特におすすめしたいです。ANAJALの上級会員だと航空会社が限定されてしまうのに対して、PRIORITY PASSだと航空会社の縛りがなくLCCなどと組み合わせることもでき、最安値の航空券や最適なスケジュールを選ぶことができます。トランジットが多い人や世界一周などを夢見ている人はプライオリティーパスを手にいれてみてください。楽天プレミアムカードはポイント還元率が高いので、楽天市場で30万程度使うとポイントだけで年会費を賄うことも可能EPOSプラチナカードは年間100万以上使うと年間費が実質無料になります。PRIORITY PASSがもらえるクレジットカードはいろいろあるのですが、うまく使うと年間費が実質無料になる楽天プレミアムカードとEPOSは一番おすすめです。詳しい解説や比較をこのページの最後にしていますので、興味のある人はチェックしてみてください。下のアイコンからは公式ホームページにとぶことができ、アイコンから申し込みをするとポイントをたくさんもらえるのでとてもおすすめです。

 


ダナンのハイアットリージェンシーのクラブラウンジはおすすめ?

ハイアットリージェンシー ダナン クラブ

ハイアットリージェンシー クラブラウンジ

ハイアットリージェンシー クラブラウンジ

クラブラウンジでは夕・朝食が無料でいただけるので、無駄にお金がかからないのでとてもおすすめです。英語の表記なども悩まなくて良いので、ストレスから解放されてとても良いです。お目当てのベトナム料理がない場合は、クラブラウンジで食べた方が良いのではないかと思います。

またクラブラウンジが利用できる人はジムのプール・サウナなども利用ができます。シャツと靴の着用義務あり。12歳以下の子供は大人の付き添いと監視が必要です。

 

ハノイに行かれる方は次の記事もおすすめです。ハロン湾で5つ星の豪華客船、インターコンチで美しい夜景を見ながら過ごすのも素晴らしい時間になります。


クラブラウンジの朝食は美味しい? 6:30-10:00(週末のみ10:30まで)

クラブラウンジの朝食は高級ホテルの品があるカジュアルな朝食でした。美味しかったです。パン・フォー・サラダ・サーモン・・フルーツなど定番のほか、オムレツなど卵料理はオーダーすることができます。

珍しいところで水餃子などもありました。あげパンはフォーに入れて食べるのが一般的のようです。イブニングカクテル時にでた豚のオーブン焼きもありました。

  

フォーには好きな具を入れることができます。

ハイアットリージェンシー クラブラウンジ 朝食

 

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

ダナンのハイアットリージェンシーのクラブラウンジの夕食は美味しい?

カクテルタイムは5:30から7:30まで。ホイアンは夜景がとても綺麗なので、食べてから行くか7:30までにぎりぎりで帰ってくるか悩ましいところだと思います。

 

アフタヌーンティー風のスイーツ。

ベトナムのスイーツは和菓子に似ているのでとても食べやすいです。

自分で作るカクテルがほとんどなので、スタッフに気兼ねすることなくたくさん飲めます。

すでに作ってあるカクテルもあります。このほかワインなどももちろんあります。

ハイアットリージェンシー カクテルタイム

こんな感じのつまみものが20種類ほどでしょうか。パンやスイーツなどもあるのでお腹いっぱいにはなりました。

この豚肉のオーブン焼きが一番ご馳走でした。

クラブラウンジ以外のレストランは?

リゾート内でも全て完結しますが、日本のおしゃれなお店とほぼ同じぐらいの料金です。連泊すると飽きてしまうので、街などに繰り出すのも良いでしょう。

GREEN HOUSE レストラン【営業時間】 06:00 – 11:00 ; 12:00 – 23:00

ハイアットリージェンシー グリーンハウス

緑がたくさんある地中海料理のレストラン。朝食時はかなり混んでいました。ピザやパスタ類が225kドン(1300円)ぐらいから。

公式ホームページでメニューを見る

 

POOL HOUSE レストラン10:00〜21:00

プールハウスレストラン ダナン インターコンチネンタル

ビーチや海を眺めながらランチ・ディナーを楽しめます。和牛バーガー、フォー、生春巻き、揚げ春巻きなどのアジア料理を扱っているレストランで、たっぷりとした量が出てくるのが特徴です。カクテルは145kドンから(850円ぐらい)、ビール約90kドン(500円)ぐらいなので日本と比べてもそれほど高くないと思います。

公式ホームページでメニューを見る

TERRASSE

ハイアットリージェンシー ダナン テラス

ハイアットリージェンシー ダナン テラス

フロント付近にあるテラス。ビリヤードがあり、映画なども見られるほか軽食も取る事ができます。

Baguette Cafe 9:00-19:00 (17:00-19:00ハッピーアワー)

ハイアットリージェンシー ダナン テラス

ハイアットリージェンシーにあるパン屋。口コミの評価はあまり良くなかったのですが、ホテル内で気軽に食べ物が買える点では評価できるでしょう。クロワッサンやドーナツが一つ45kドン。(260円)高級ホテルにしてはそこそこの価格ではないでしょうか。閉店間際にはハッピーアワーもありました。輸入品やベトナムの食品も扱っているようです。

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

JTBでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

ハイアットリージェンシーのVIE スパは?

ハイアットリージェンシー ダナン テラス

ハイアット リージェンシー ダナン スパ

受ける場所は一つずつヴィラのようになっています。施術後にはベトナムのお茶やお菓子も出てきます。

公式ホームページから予約も可能。現地で予約してもいいのですが、年末などは予約が混むそうです。2時間のコースがおすすめだそうで、約2万円ぐらいです。

Balance
2hr | VND 3,700,000
Coffee & Coconut Scrub & Oriental Massage & VIE Facial Ritual

Calm
2hr | VND 3,890,000
Sleep Remedy Massage & VIE Facial Ritual

ダナンのハイアットリージェンシーのおすすめの部屋は?

おすすめはオーシャンビュー・クラブアクセス付きの部屋です。海が見えない部屋とは一泊3500円ぐらいしか変わらないので、庭やプールしか見えない部屋より、自慢のプライベートピーチをたっぷり味わえる部屋にしてみると良いのではないかと思います。

クラブアクセスをつけると6000円ぐらい高くなります。朝食と夕食がついていると考えると6000円ぐらいは十分に元が取れるのではないのでしょうか。お酒をあまり飲まない人や、観光が忙しくてカクテルタイムに間に合わないような人は、クラブアクセスなしでも良いとおもいます。また豪華なベトナム料理を夕食に食べたい人などもクラブアクセスなしにする方が、むしろ満喫できるかもしれません。

レジデンス

ハイアットリージェンシー ダナン レジデンス

一番狭い部屋ですら54~71m²とかなり広く、キッチンがついているので長期旅行者にも良いかもしれません、ただしガーデンビューかオーシャンビューかを選べないのと、ロビーや海から少し離れているので注意が必要です。高層階からは割と綺麗に海が見えそうですが、低層階は微妙かもしれません。下の動画はペントハウスなので、すごく豪華です。

ヴィラ

ハイアットリージェンシー ダナン ヴィラ

ヴィラは南国っぽい作りではなく、現代的な建物でスタイリッシュな作りでした。307平米で3ベッドルームなど大家族で過ごすのには良いかもしれません。10万円を超すのでかなり富裕層向けです。ビーチにすぐ行けることは魅力的。床までガラス張りになっていて、セレブの住むモデルハウスのような感じです。少しフロントから離れているので、バギーを呼ぶと便利です。タクシーなども直接来てもらえるそうです。リビングとかが圧倒的にホテル棟より広々としており、下の動画ではプライベートプールがついていました。いわゆるアメリカの豪邸っぽい作りですね。日本ではこんな体験なかなかできないので、グループで集まったら考えても良いのではないでしょうか。

普通のホテル棟 オーシャンビューの部屋

一般客は普通のホテル棟が一番リーズナブルでおすすめです。泊まる棟にもよりますが、クラブラウンジも歩いてすぐ、フロントにも近く非常に便利です。ビーチはバルコニーから手が届きそうな距離なのですが、2階からはすぐに行くことができず、フロントの近くの階段までいかないとダメでした。

ハイアットリージェンシー ダナン デイベッド

バルコニーにあるデイベッド。海を見ながら過ごす時間は最高です。

ダナン ハイアットリージェンシー 机

バルコニーには机と椅子もあり、お酒やお茶も飲めます。

ダナン ハイアットリージェンシー バス

窓がついており、海を見ることができます。

 

ハイアットリージェンシー ダナン

唯一ベトナムっぽかったのがこちらの陶器でした。

 

 

ダナンのベストシーズンはいつ?

いついくかによっても海の色が全然違ったり、気温によって観光のしやすさが違います。海を楽しむなら真夏、観光を楽しむなら気温があまり上がらない春がベストです。冬は台風が来たり、雨が多いなど観光には向いていませんが、料金が安いのでおこもりを考えている人には良さそうなシーズンといえそうです。

海水浴に良いシーズン 5月-9月(5月から7月がベスト)

海には早いがプールに入れる 1月下旬-3月

晴れが多いので散策が楽しいシーズン 3-5月

雨季でほとんど晴れないシーズン・海も荒れやすい ただし格安 10月-12月

 

楽天でダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

JTBでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Expediaでダナンのハイアットリージェンシーの詳細を見る

Hotels.comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

Booking,comでハイアットリージェンシーの詳細を見る

おすすめのクレジットカード

海外によく行かれる方におすすめしたいプライオリティーパスが手に入るクレジットカードを紹介します。二つとも私の愛用カードです。1300箇所以上ある世界中のラウンジが無料で利用できるようになると、旅がゴージャスになるだけでなく、食費を抑えることができたり、疲れを取ったりすることもできるので体調を整えるのにとても大事な空間になりますよ。お酒やスイーツが好きな人も好きなだけ食べられるケースが多くおすすめしたいです。

楽天プレミアムカード


楽天プレミアムカードは20歳以上で定期的な収入がある人であれば申し込みができ、審査に通ればすぐにプライオリティーパスがもらえるので一番推したいクレジットカードです。特に使えるのが楽天市場をよく利用する人。楽天市場ではポイントが最高で5倍になるため36万円-50万ほどの買い物をすると年会費の11000円をポイントで賄うことができます。またエポスに比べ国内旅行保険が自動付帯(旅費を楽天カードを使っていなくても保険が適応される)になっているのも魅力の一つです。

楽天ブレミアムカードで買ったものは動産保険がついており購入から90日以内の偶然な事故による損害に対して300万円の保証があります。

  • 海外旅行傷害保険 最高5,000万円。家族には適応されない(エポスのプラチナは1億で家族適応あり)
  • 国内旅行保険が自動付帯(エポスは自動付帯ではない)
  • 動産保険がある(エポスにはない)
  • ポイントの有効期限が一年と短い(エポスのプラチナはポイントが永久)
  • 楽天市場以外のポイント還元率は1%でエポスより高い(エポスは0.5%)
  • 楽天Edyをつけることが可能

もっと詳しく知りたい人は下のバナーをクリックしてください。5000ポイントもゲットできます。

エポスカード

エポスカードは海外保険が楽天プレミアムカードより充実しているのが特徴で、特にプラチナは最高保険額もかなり高く家族にも自動保険がかかります。海外保険の内容を重視する人は楽天プレミアムカードよりこちらエポスカードにすると良いでしょう。緊急医療アシスタンスサービスは海外で事故った時に日本語で対応してもらえるサービス。万が一の時のために入っておくのも良いと思います。また年4回あるマルイのセールスでは10%引きで購入できるのも大きなメリット。近くにマルイの店舗がある人はどんなプランドがあるのかチェックしておくと、溜まったポイントを使う楽しみが増えます。プラチナになるとコンシェルジェサービスや一人分が無料になるグルメクーポンなどステータスのある様々な特典があるので、将来を見据えて若いうちから準備をしておくのも良いと思います。

プライオリティーパスを手に入れるには使用実績を少しずつ積み上げて、カードを一般→ゴールド→プラチナにアップグレードしていく必要があります。人にもよると思いますが、年間50万ぐらいの使用でゴールド、100万ぐらいでプラチナのインビテーションが届く可能性があるので、普段の生活でクレジットカードをうまく使っていく必要があります。家賃や光熱費、交通費をクレジットカード払いにするとポイントも貯まりやすいので一石二鳥です。

エポスカード(一般)

  • 年会費無料
  • ビッグエコーやカラオケ館で30%オフ
  • 海外旅行保険が自動付帯で最高500万

エポスカードゴールド

  • 年50万円以上使う人は年会費が無料
  • 海外旅行保険が最高で1000万円
  • 国内19箇所の空港ラウンジの使用ができる

 

5000円の年会費がかかりますが、一度でも50万円以上使う日とは年会費が永遠に無料になります。海外に行かない人はプラチナにアップグレードする意味がないので、ゴールドのままにする人もおられるようです。

エポスプラチナカード

  • プライオリティパスが付帯
  • 年会費は2万円だが、年100万円以上使う人は実質年間費無料
  • 海外旅行の傷害保険が自動付帯で最高1億円までと安心(家族も自動付帯)
  • コンシェルジュサービスがある(電話やLINEでコンタクトし、良い店を調べて予約してくれたり花束を届けてくれたりする)
  • 特定のレストランで、一人分無料のサービスがあるグルメクーポンをもらえる
  • ポイントが失効しない(ゴールドなどは2年間)
  • 誕生日の月はポイントが2倍
  • 家族がゴールドカードを持つことが可能
  • 緊急医療アシスタンスサービスがあり、海外で怪我をした際に日本語で応対してくれる

プライオリティーパスで使えるラウンジはどんな感じ?

私がいった中でかなり良かったのが、メキシコやバリなど人件費が安いリゾート地は大体ゴージャスで豪華な食事が出るところが多かったと思います。逆に日本とかアメリカはサンドイッチやお菓子程度の軽食が多い気がします。ベトナムのプライオリティーパスが使えるラウンジは、フォーやローカルフード、季節のフルーツなど出るところが多く満足度も高いところが多いと思います。

ホーチミンの国際空港のラウンジ

ローカルフードが多いので個人的には嬉しいです。

ニャチャンやホーチミンは国内空港にもプライオリティーパスが使える空港があります。このラウンジはビジネスクラスなどの客が入れるようにできているので豪華です。

フォーはスープをかけて完成させます。

フルーツやスイーツも充実しています。